覚悟を決めたとき

Pocket

ごきげんよう

おひさしぶりのおぎのふさこです。

しばらく自堕落な生活をして

この1か月はとあることに覚悟を決めて

取り組んでみました。

何年振りだろう、久々のこの感じ。

寝食忘れるくらいにアドレナリン大放出で

突っ走りました。

どうせストイックにやるなら

ダイエットもやったれ!と

朝、20分ほどのハタヨガと

簡単な体幹トレーニングと

おなかを引き締める体操をして

家では野菜スープとアボ納豆と果物

豆腐くらい

誰かと外食するときは

普通に食べてましたが

こういうときって不思議なことに

そんなに誘いもこないので

外食の機会もさほどなく・・・

そんなこんなで寝食後回しで

必死に決めたことをやりぬきました

結果、同じことをやった人たちからは

『すごいね』と称賛をいただき

人の称賛ってありがたいけど

『覚悟してやるならこんなもんかな』って

どこか冷めた自分も居つつ

わたしにもこれくらい覚悟を決めて

なにかをすることができるんだっていう

自信になりました

ここ数か月は自分に自信がなくなって

このまましょぼくれて死んでいくのかな…とか(笑)

思っていましたけど

今、はっきりいえるのは

自信がないときって

行動してないときなんですよね

しょぼくれているときに

なくなっていく自信というのは

自分の存在意義みたいなものかもしれません

ところが

ただがむしゃらに目の前のことに取り組んで

行動していると

自分の存在意義とかそんなの

全然どうでもよくって

ていうか、そんなこと考えてる

『ヒマ』がないんですよ

そうそう自信喪失とか

落ち込んだりって

『ヒマ』な人がすることなんだなって

帝王学のお師匠さまによく言われているけれど

本当にそうなんだなと

覚悟を決めて行動すると

『自信がない』とか

ふにゃふにゃ言ってるヒマない!

だからとにかく行動することを

おすすめします☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA